「世界デジタルホビーアート協会」 公式ホームページ 「ワード絵画」編 
 
トップページ
ワード絵画とは?
⇒このページは
ワード絵画の特徴
マスコミで大好評!
シニアの認知症予防に
生き甲斐・やりがい・達成感
丹野画伯ってどんな人?
作品集(丹野画伯)
作品集(生徒さん)
ワード絵画の学び方
 世界デジタルホビーアート協会とは?
 


ワード絵画の特徴


ワードで絵が描けるとこんなに楽しい!

                 
油絵用の「キャンパス・絵の具・ 溶き油・油壺・ 筆・ ナイフ・ パレット・ イーゼル」もいらない!
             
油絵の匂いも気にならず、家族に気兼ねしなくてもいい・・・


水彩画用の「パレット・筆洗・画板・鉛筆・メディウム」もいらない!                          

絵を描く部屋もいらない、場所を取らない、
水をこぼして、床をふくこともない・・・


「ワード絵画」なら                                         

・何度でも書き直しできる!                                                

・いくらでもコピーできる!                       

・拡大・縮小も思いのまま!                                                

・保存も簡単パソコンの中!                               

・メールで送るのも簡単!                              




 コピペ(コピーして貼り付け)の活用が面白い!



下記の3つの絵は、全部同じ構図ですが

元の画像をコピペ(コピーして貼り付け)、色を変えれば、

「春」「秋」「冬」の絵になり、全然違った感じになります。

↓↓↓

「春」                 「秋」              「冬」
   



『果物1』
   『果物2』

下の『果物2』とは構図は同じで、お皿やバックの色が変わっています。

  



         『もみじ』                    『もみじ-渓谷』       

  (左右とも同じ絵で、もみじの色が変わっています)

  



『猫親子のたわむれ1』       『猫親子のたわむれ2』

背景が変わっていますが、猫は同じです。



   



 1 たくさんの道具が不要 ・画部屋ややキャンバスなど不要で場所を取らない、

・油絵などの匂いがしない・ ソフトのほかに道具を必要としない

・消耗品はプリンタのインクと用紙だけ
 2 ワード機能をふんだんに利用 ・同じ絵を何枚も複製できる。

・絵そのものの拡大・縮小が簡単にできる。

・形や色の修正や消去・やり直しが簡単にできる。

・デジカメで撮った写真などを下絵にして描画できる。 

・メールで送信できる。

・ファイルとして保存できるのでいつでも印刷でき、色あせや劣化の心配がない。

・色あせver.(セピアカラー)なども作成可能

・修正版を更新でき製作過程を確認できる(ステップアップ)

・同じ構図で色違いの作品ができる

・短時間で何度でもいろんなことにチャレンジできる(失敗を恐れない)
 3 多種多様な利用法 ・絵そのものとして飾ることができる

・ハガキや便箋、カードに印刷することができる(オリジナル絵ハガキ)

・カレンダーのデザインとして利用することができる

・Tシャツにプリントすることができる

・シールにしていろいろな物や場所に貼ることができる

・パソコンの壁紙に利用することができる

・はがきにちょっとイラストを入れることができる

・自分で撮った写真を絵にすることができる

・PCカレンダーなら毎日、絵を変えて、楽しむことができる

・ポストカードを作成して便箋の中にいれプレゼントにできる

・製作した絵がブログに貼ったり展示品にしたりできる

・google画像で下絵を探せば現地にいかなくても描くことができる

・世界中に拡散することができる

・大人のお絵かきとして、新しい趣味を発見

・Tシャツやシール、壁紙、絵はがき、記念硬貨等にもできる 

・自分や他の人が撮った写真を絵にしてあげることができる

・誕生日プレゼントやサプライズビジネスに展開できる
 
・チームメンバーやクラスなどの共同製作グッズを作成できる

・うまくいけばアートとして絵画を販売して副収入を得ることも可能

・言語関係なしのため世界に販売も可能

・年金+副収入+新しい趣味⇒豊かな老後を楽しめる
 4 絵画に対する固定概念の打破 ・パソコンを使うことで従来の絵のイメージとは大きく異なる世界が広がります

・誰でも簡単

・非常に分かりやすい

・絵心は必要ない

・ファイルサイズをあまり大きくしたくない

・初心者に最適(初心者でも楽しめる)

・外国人にも作成可能(英語版の展開)

・PCで作成できれば実際の絵画にも発展しやすい

・下絵さえあれば何でも描ける

・圧縮ファイルにて対応できる

・年齢を問わない。入門レベルに最適


次のページは「マスコミで大好評!」です。⇒ここをクリック 


トップページ 
「ワード絵画とは?」
このページは「ワード絵画の特徴?」です
⇒次は「マスコミで大好評!」です
シニアの認知症予防に
生き甲斐・やりがい・達成感
丹野画伯ってどんな人?
ワード絵画作品集   (丹野画伯生)
 ワード絵画作品集   (生徒さん)
 ワード絵画を学びたい方はこちらへ
 世界デジタルホビーアート協会とは?


         特商法   |   プラバシーポリシー

Copy right 2013 世界デジタルホビーアート協会 all rights rezerved